会社概要 | 沈下修正・地盤沈下・軟弱地盤ならウレテック

全国対応0120-873-835

『フィンランドで、ウレタン形成時の樹脂の膨張力でコンクリート土間床の傾きを修正する工法「ウレタン樹脂工法」が開発され、
すでに30年以上が経過しました。 日本にウレタン樹脂注入工法が紹介されて15年が経ち、その技術は独自の進化を遂げました。
改良された工法のノウハウは特許として認められました。
また東日本大震災では震災被害の緊急対応でその技術が力を発揮し、施工実績も590,000㎡を超えました。

ウレタン樹脂注入工法を行うメインマーク株式会社は、2001年に「ウレタン樹脂注入工法」を日本に紹介するために設立されました。
現在はウレタン樹脂注入工法以外にも建物の「傾き修正技術」や「傾かせない技術」を多数取得、開発しています。

メインマーク株式会社は、お客様の建物の傾きに対し、他社が追従できない技術力・提案力で対応させていただきます。 

お忙しい中、ウレタン樹脂注入工法のホームページを訪問いただきありがとうございました。
ぜひ、メインマーク株式会社のホームページも訪問いただきたくお願いいたします。』

メインマーク株式会社
代表取締役 川口 太
メインマーク株式会社の会社案内はこちら
メインマーク株式会社の会社案内はこちら

物件相談
資料請求
調査依頼
全国対応 0120-873-835 FAX 03-5878-9102
メールアドレス

メインマークの「ウレタン樹脂注入工法」は、コンクリート土間床の下に発生した空洞による床の“傾斜”“たわみ”“段差”を、業務を停止せずに短期間で修正します。空洞に特殊な「ウレタン樹脂」を注入。その膨張力で床を壊すことなく水平に戻します。沈下修正・地盤改良・軟弱地盤対策ならメインマークまでお気軽にお問合せください。

© Mainmark Group. All Rights Reserved.